SANWAのあゆみ|株式会社三和スクリーン銘板

SANWAのあゆみ

創業以来ずっと変わらないもの
それは、モノづくりへの熱い情熱。
「決してあきらめない」そんな一貫した想いで
挑戦を続けてきたSANWAの歴史を紹介します。

SANWAの礎となった母体企業原ネームプレート製作所

SANWAの歴史は、その母体企業である「原ネームプレート製作所」の歴史に重なります。創業者、後藤務の父である原広吉が興した原ネームプレート製作所は、航空機用の機械やモーターに性能や製造会社などを記す「銘板」の製造会社として1939年にスタートしました。戦後は、航空機用から産業機械向けの銘板製造へとその軸足を変化させながら、金属銘板製造の専門会社として堅実に成長。後藤務は、父の跡を継いで社長に就任した兄の原博衛を支え、営業として事業拡大に貢献しました。

1960年頃の原ネームプレート製作所工場内

創業期

時代の変化をチャンスに変えて

1979年、後藤務は「シルクスクリーン印刷」を主体とした樹脂製銘板の製造会社として、「三和スクリーン銘板」を設立。手探りのような創業時代を、妻の秀子と秀子の弟である林清治とともに乗り越え、やがて飲料水自動販売機のアクリル表示板を手がけるように。高度経済成長期を経て爆発的に普及した自動販売機は、市場での開発競争が年々激化しており、その波に乗ったSANWAは大きく業績を伸ばすことになります。

左:職場での務社長 中央:職場での秀子 右:林 清治

当時の半自動シルクスクリーン印刷機

  • 最初に受注した飲料水自販機のアクリル製銘板

  • 創業期に製造した自販機用表示ボタン

成長期

家電からクルマへ、
広がる事業分野

自販機の表示板を皮切りに、炊飯器や電子レンジ、洗濯機など家電製品の樹脂製銘板を生産するようになったSANWA。お客様からの厳しい要望に全社一丸となって応えるうちに、技術力が確実に育っていきました。1980年代には自動車産業への参入を果たし、樹脂素材の表面を金属調にする「ホットスタンプ」技術を成功させたことで、自動車部品分野の売上げが飛躍的に向上。世界的なAV機器メーカーからも受注し、一気に事業規模が拡大しました。他社では手がけない困難な案件にも果敢に挑戦する企業風土が、お客様からの信頼と新技術を獲得する原動力になったのです。

左上:車関係表示パネル 右上:メーターパネル 中段右:洗濯機パネル 下段:オーディオ表示パネル

1979

5月
  • 原ネームプレート製作所より独立し、スクリーン印刷専門工場として資本金100万円で設立
  • 従業員5名

1979年 第2次オイルショック

1980

5月
  • 佐織工場を新設
  • トムソン加工開始
7月
  • 自動車用パネル、ローラースタンプの文字抜き印刷技術開始
12月
  • 資本金400万円に増資

1980年 日本の乗用車生産台数が世界一に

1982

4月
  • 工場設備拡充のため、佐織町に新工場建設

1983

2月
  • 印刷工場設備拡充のため増築
3月
  • ユーザーの品質要求に応える製品をつくるためにクリーンルームを新設
4月
  • 静岡工場新設、従業員10名で生産開始

1983年 東京ディズニーランド開業

1984

1月
  • 特許権1068900号[「アサヒ」ホットスタンプ]実施権取得
11月
  • 後藤務社長(当時)が、株式会社原ネームプレート製作所代表取締役を兼任、資本金1.000万円に増資

1985

5月
  • レーザーカット機の購入によりアクリル銘板のカット分野進出
8月
  • 株式会社三和シルク印刷を設立し、塗装・成形品加工開始

1986~1991年 平成景気、バブル経済

1987

3月
  • 自動抜きプレス機設置、コスト競争に備える
5月
  • 本社・新社屋完成、事務所、検査センター設置
9月
  • 資本金2,000万円に増資

1987 年 日本初「エアバッグシステム」装備のクルマ発売

1989年 昭和天皇崩御、平成に改元消費税(3%)スタート

1990

11月
  • 本社南館(1F印刷工場・2F食堂)完成

1992

3月
  • 株式会社三和シルク印刷に金型部門設立

1993

10月
  • 株式会社三和シルク印刷より株式会社三和プラスチック工業に社名変更

発展期

コア技術によって
ブランドを確立

難しいオーダーにも積極的にチャレンジを続けるなか、SANWAはそれまでに培ってきた技術力を結集して、新たな製法「フィルムインサート成形」を手がけはじめます。フラットな形状はもちろん、三次元形状にも対応できるフィルムインサート成形技術は、独自の開発を重ねた結果、SANWAのコア技術へと成長。のちには2色成形技術も確立し、会社の発展およびブランド力の強化に大きく寄与しました。

右上:炊飯器スイッチパネル 左上:洗濯機の蓋 左下:洗濯機スイッチパネル

世界から信頼される技術力を

創業から15年経った1994年、マレーシアに初めての海外拠点を構えました。当時は、国内企業が続々とアジアに進出しはじめた頃。関東や関西の同業他社も既に海外進出を果たしており、今後の発展を見据えてのグローバル展開でした。家電メーカーとの取引を手はじめに、マレーシア工場に続いて設立したタイ工場では、自動車部品メーカーとの取引も開始。その後も中国、アメリカなどへ続々と進出し、国内外にネットワークを広げてきました。次々と新技術を採用し、確実に根づかせた技術力をベースに成長を続けてきたSANWA。創業時から変わらぬ「モノづくり」の志を、次世代へと受け継いでいます。

  • マレーシア工場での仕事風景(左は後藤佳秀副社長)

  • 現在のタイ工場

  • 海外向けの洗濯機、車関係パネル

  • 愛知ブランド企業認定書

1994

6月
  • フィルムインサート成形パネル開始により射出成形機導入(原ネーム内に設置・洗濯機パネル)
9月
  • マレーシア工場設立[SANWA SCREEN (M) SDN. BHD.]

1995年 阪神淡路大震災

1995年 オウム心理教による地下鉄サリン事件

1997

8月
  • シリンダープレス機導入により、印刷能力アップとコスト競争に備える

1997年 消費税が5%に引き上げ

1997年 世界初の量産HVカー「プリウス」発売

2001年 アメリカ同時多発テロ

2002

1月
  • タイ工場設立[S.A PRECISION CO.,LTD.]
8月
  • 関東方面進出のため千葉営業所設置
  • 株式会社友仁エンジニアリングが三和グループ傘下に加わる

2003

8月
  • 静岡工場設備拡充のため、藤枝市に工場移転
9月
  • 資本金3,000万円に増資
12月
  • 中国工場設立[上銘塑模(上海)有限公司]

2004

3月
  • 愛知ブランド企業に認定[認定番号 011]
4月
  • ISO9001[登録番号 JSAQ 1957]認証取得
12月
  • 資本金4,200万円に増資

2005

1月
  • 株式会社友仁エンジニアリングを千葉県鎌ケ谷市に移転
5月
  • ISO14001 [登録番号 JSAE 1081]認証取得
7月
  • 大阪営業所を設置
11月
  • 美濃工場新設

2005年 中部国際空港開港

2007

7月
  • アメリカ シカゴに事務所設立[SANWA SCREEN U.S.A. CORP.]
10月
  • 美濃工場増設

2008年 トヨタ自動車、GMを抜き生産世界一に

2008年 リーマン・ブラザーズが破綻

2010

4月
  • 大阪営業所を京都府八幡市に移転
7月
  • 株式会社三和プラスチック工業を株式会社プラバンスに社名変更

2011

5月
  • 株式会社三和スクリーン銘板 第二工場 完成・稼動開始

2011年 東日本大震災

2012

2月
  • インドネシア工場設立[PT.SANWA SCREEN INDONESIA]

2014

3月
  • 新役員就任 後藤務が会長に、後藤英一郎が社長に就任
8月
  • メキシコ工場設立[SANWA SCREEN MEXICO S.A. DE C.V.]
9月
  • 株式会社友仁エンジニアリングを吸収合併し、千葉工場として業務を承継

2014年 消費税が8%に引き上げ

2015

6月
  • 株式会社三和スクリーン銘板 第三工場 完成・稼動開始

2016

1月
  • 株式会社原ネームプレート製作所 関東工場 完成・稼動開始

2017

1月
  • 株式会社プラバンス 東川工場 二色成形ライン量産開始

2018

7月
  • 株式会社三和スクリーン銘板 静岡工場新型フィルムインサート成形用ロボット導入

2019

12月
  • 株式会社プラバンス愛西新工場完成

2019年 消費税が10%に引き上げ

お問い合わせ

ご相談・お見積りのご要望等がございましたら
お気軽にお問い合わせください。

TEL : 0567-25-2333受付時間:平日8:30~17:30

お問い合わせフォーム